天のめぐみ、地のめぐみ、そしてむすひ

アメブロ「自分という宇宙を愛す」から引越ししてきました。by アリア(aria)

生きる原動力、感情の経験*

あけましておめでとうございます

2020年はお世話になりました

2021年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

寒いですね!!! 

今日の横浜は、日中最高気温が5〜6℃とか。

 

f:id:blessings-forus:20210108174436j:image

 

ですが、もっとずっと寒い地域の方もいらっしゃるのですよね!

室内でも暖かい服装で、暖をとっていきましょうね。

 

 

2021年、アリア家は、ゆっくり始まりました。

昨年から引き続き、外食も遠出もせず。

Go××とかまったく関係なく、意識にも上って来ない。

年始の挨拶は9割オンラインで。

年配者も、オンラインです☆

 

 

今の環境のなかで、「この騒動の後のための創造的な選択」を自分なりに続けているつもりです。

元の日常に戻るためではなくて、先の世界のためにこの変化を受け入れる のです。

 

 

お仕事のほうはというと、セッションは今年まだですが、コツコツとした内勤事務作業が途切れなくあって、その他も当然ながら家事をして。

そんな感じですので、新しい年の「スタートダッシュ」という感じは無いですね。

 

 

どちらかと言うと、足元?を確認中みたいな。

すべきことをする。

 

 

ここに来ていただいている方は、どうでしょうか?

 

 

 

 

 

さて、

年末年始は、とある方のメルマガを読ませて頂いていました。

そのエネルギーと合致したのか、お正月早々、一つ大きな気づきがありました。

そして、それにより、また視界が広がりました。

 

 

人には誰しも、色んな感情とか、感情がキッカケとなって生まれた心理的ブロックとかありますけれど。

 

 

歓喜、至福、慈悲、達成感、怒り、悲しみ、焦り、後悔、etc 

 

 

感情たち、ブロックたち

ポジティブなものも、ネガティブなものも

生きる原動力 になる

 

感情や、その感情から生まれたブロックは

生きつづけるための、糧になる

 

 

 

例えば、

「誰かに何かしてあげたい」とか、「あれができなくて悔しい」とか、なんにしても、

その感情があるからこそ、命を紡いでいかれる。

 

 

「次にまたできるように」「今度はやれるように」等と気力が湧いてくるし、そうなる環境に自分を置くだろうし。

 

 

結局、生きてこそ なんですよね。

生まれてから旅立つまでの。

 

 

「なんのために生まれてきたの?」

人は一度は誰でもそう思った経験があると思います。

 

その答え。

代表的なもののうち、2つが、

生まれてから今日までの、感情を味わうため

感情から生まれたブロックを、経験して、自分の魂の枠を超えていくため

 

 

魂磨きとか、魂のレベルアップ、魂の経験値をあげる、とか。

そしてそれが、大いなる源・ソースを進化させてゆきます。

 

 

だから、何でもかんでも、きれいにまとめる必要はないし、ポジティブっぽくしなくてもいい。

(すり替えなくても良い。ここ重要☆)

 


ポジな感情も、ネガな感情やブロックも、感じるありのままを、どちらも見出せるように。

それが本質を観ること。

 

 

それに、

生きていなければ、こういう感情もそのブロックからくる経験も、そもそも味わうことができません。

この世界で肉体を持たない存在達は、この「感情の経験」はできないの。

 

 

極めて貴重なもの、なんですね。

感情の経験って。

そして、生まれ来て、生きていることって。

 

 

 

年明け最初の投稿は、生について になりました。

これもまた、今年の流れの一部なのかもしれません。

 

 

では、2021年もアリアのブログにお立ち寄りいただき、

ありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

  

 

 

人気ブログランキング

  

 

 

ショップカートOpenしました!

 

f:id:blessings-forus:20201228180240p:plain

天然石とオリジナルアクセサリー Divine AWX (ディヴァインアートワークス)

 

 

 

===========

2021/1~ 

個人セッション改訂

===========

 

個人セッション60分〜(30分毎の追加延長スタイル) 

✳︎その時に必要なメソッドにてご提供。リーディング、遠隔ヒーリング 、遠隔ヒプノ、等

✳︎オンラインは継続

 

詳細はこちらからどうぞ→ https://frankin-akiko.com/services/menu-online-privatesession/