天のめぐみ 地のめぐみ そしてむすひ

宇宙の意識の中でもの・ことを創造する

石の意思

こんにちは、アリアです。

今日も新ブログに来ていただいて、ありがとうございます!

 

 

先日のファスティングの後から、エネルギーの変化が続いています。

変化や変容のプロセスにおいて、「玉ねぎの皮をむくように」と表現されることがありますが、この度は1枚ずつではなくて、一気に3~5枚むきのような勢い。

 

 

それに伴って、電化製品はまたもや誤作動の連続。

PCも、今日は画面が出てきてくれてよかった。

予備のタブレットでは、少々書きにくので。

 

 

さて、今日は石の話し、鉱物、クリスタルの話し。

 

 

「石は意志(意思)を持っている」と言われることがありますね。

 

 

お気に入りだったのに、失くなったり、壊れたりした時に、その原因は持ち主の過失というよりも、石自体にあるという。

石が持ち主を守るために。今の持ち主の今の波動と合わなくなったために。次元を超えたために、etc

 

 

そもそも、石は、同じ種類や同じ産地に共通した意識と波動を分け合っていて、集合体です。(と私は捉えています。)

 

ですので、その個体に個別の意志(意思)があるのではないのだけれど、中には、個別の意識を感じさせるものもあります。

 

より、主体的なエネルギーというか、主体性を感じさせる周波数。

 

そういった主体性を感じさせるものとは、誰かの強い感情や思考などで、石はそれらを載せやすい。

 

纏いやすい、といった方が分かりやすいかも。

 

  

石に精霊が宿る、というのも、精霊・スピリットが何であるか?という話に行き着くんだろうけど、

精霊・スピリット、人間の魂のようなある種の意識体は、固定されたものに(物質)に入る(同調する)ことで、この世界に密度を持った体を成します。

<あるレベルから観ると>

 

 

 

前置はこの位にして。

 

 

私もね、石に意志(意思)があるな、消えたりするな、という出来事が時々ありますよ。

先日のこと、5年越しで謎が解けた石、その話を書きます。

 

 

5年ほど前に、ある方からのオーダーを頂いて、石のアクセサリーをお作りしたことがあったのだよね。

信頼していた方からのご依頼だったこともあり、私にとって特別な石を使うことに。

 

 

でも、結論から言えば、その方はその石のアクセサリーを受け取らず、二転三転の後、私の手元に残ったのでした。

心を込めてお作りしたので、その時はとてもショックで。

普段お仕事関連は他人には口外しないのですが、当時の友人達にはその経緯を話したこともあるくらい、私にとっては結構なトラウマだった。

 

 

それ以来、ものつくりや石を譲渡する時には、毎回そのキズがちらっと顔を出してきた。

好きで、楽しくてやっているのに、ふとした時にキズが浮かんでくるというか。

 

 

そして今回ファスティングをしたら、いろんな浄化が起きているのだけれど、

そのトラウマも浮上してきたわけ。

 

 

そこで、ミカエルやラファエル、2人のマリア達とセルフヒーリングをしたところ、こんなことが分かった。

 

 

「あの石は、何処にも行きたくなかった、ここにずっと居たかった。

だから、他の方に引き取られなかったのであって、それは石の意志で行かなかったのだ」

と!

 

 

そして、「あの方はそうは言わなかったから。心変わりをしてそれに傷ついたと、勝手に自分が思っていた」のだと!

 

 

そういえば、石をアクセサリーにするとき、なかなか思ったようにワイヤーが巻けなかったり、手元からずり落ちたりしていたのだよね。

それは、ここに居たい!がための石の主張だったのだ。

 

 

いつもは石の意志(意思)や石の話しを聴くようにしているのだけれど、でも当時は、「これを持っていて欲しいな」という個人的な願望が優勢になっていて、聴くことをしていなかったかもしれない。

良かれと、自我を優先していたのだよね。

 

 

ここまでが一瞬で入ってきたら、ミカエルは静かに私のジャッジメント(=相手が心変わりをして、自分は傷ついた)を回収した。ラファエルは癒しのマントで包み、マリア達は慈愛の光を胸にくれた。

 

 

余談ですが、この後に、肉体のエネルギーやオーラに変化がありました。

後日、ファスティングの記録や好転反応の話しに書きます。

 

 

 

本題に戻ると。

石の意志(意思)らしきものは、やはりあるのです。

 

 

意志(意思)と呼ぶか、思いの波動・周波数と呼ぶか、どちらでもいいと思いますが、

それらの周波数が合う場所に存在できる。

 

 

私のところに居たいといった石は、なんらかの理由でこの場所の波動・周波数が良かったんでしょうね。

 

  

石達は、存在できるスペースに現れて、あるいは

存在するスペースを自ら選んでいるのかもしれないですね。

 

 

 

今日も最後までありがとうございます!

 

 

 


人気ブログランキング